ホーム>院長の気まぐれ日記>知って得する身体のこと>10℃以上の温度差には注意・・・
知って得する身体のこと

10℃以上の温度差には注意・・・

皆さんこんにちは。

昨日ご来院いただいた患者様、もう二年ほどいらしていただいております。
はじめは腰痛でしたが今は改善され、現在は体調管理のためにと月一度ほどのペースでみえられます。

昨日は二日前の夜に就寝中ふくらはぎがつってしまったとの事でした。

これからの時期はこういった事が多くなります。
昼間と夜の温度差、室外と室内の温度差が10℃を超えると自律神経のバランスが乱れ、それだけで身体にストレスがかかってきます。

もちろん日頃のお仕事のお疲れももちろんあります。
ですがそれに加え環境の変化による身体への負担もあります。

最近では日中が25℃、夜間は15℃ほどにと10℃以上の温度差が出てきております。
布団に入る際は熱く感じるかもしれませんが、寝入っている際は身体も冷えてまいります。
これが寝ている間にふくらはぎがつってしまう原因の一つです。

この患者様にはふくらはぎの施術と、ご自宅で出来るセルフマッサージの指導をさせていただきました。
皆様もこの時期から思い当たる事ありましたら、早めのケアをお勧めします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sensui-chiro.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/71

ページ上部へ